冬眠だけでなく夏眠にも注意!ハリネズミの温度管理方法

冬眠だけでなく夏眠にも注意!ハリネズミの温度管理方法

ハリネズミの飼い方について調べていると、よく「冬眠しないように温度管理はしっかりと!」ということが書かれていますよね。
暖房器具を使えば冬眠対策はできるじゃん!と思ってしまいがちですが、実は冬眠だけでなく夏眠にも注意しなければならないのです!

冬眠はよく聞くけど、夏眠は初めて聞くという方もいるかと思います。
そこで今回は、冬眠や夏眠対策の方法から、ハリネズミに適した温度、温度管理おすすめグッズなど『温度』に特化した内容を書いていきます!

 

 

ハリネズミに適した温度は?

 

ハリネズミに適した温度は?

 

ハリネズミが暮らす上で適切な温度は26℃前後と言われています。

飼育用として販売されているハリネズミはヨツユビハリネズミという種類なのですが、この種類のハリネズミは主にアフリカあたりに生息している種類なので、暖かい環境が適しているんですね。

 

 

冬眠だけでなく夏眠にも注意!何℃になると危険?

 

冬眠だけでなく夏眠にも注意!ハリネズミの温度管理方法

 

よく小動物を飼う上で「冬眠させちゃだめだよ!」という情報はよく出てきますが、夏眠に関してはあまり聞かないかと思います。

 

『夏眠』というのは、簡単に言えば冬眠の逆で暑すぎてもだめだよ!ということです。

暑すぎてしまうと、動物は夏の暑さをしのぐために眠りについてその季節を乗り越えようとします。
冬眠は、寒いことで体温を保てなくなってしまい、餌などを蓄えて最低限の体力で冬を乗り越えるためにするものなので意味合い的にはほぼ同じですよね。

なので、冬場だけでなく夏場も適温にしてあげないと命の危険に関わるのでしっかり調節してあげてください。

 

夏眠してしまう危険性の判断基準としては、32℃以上になると危険だと思います。
ちなみに冬眠の危険性の判断基準は20℃以下です。

 

 

冬眠・夏眠対策!ハリネズミ飼育のかんたん温度管理おすすめグッズ

 

冬眠・夏眠対策!ハリネズミ飼育のかんたん温度管理おすすめグッズ

 

まずは冬眠対策から。

ハリネズミが快適に暮らせる温度の管理方法としては、床暖房(うさ暖)暖突などの保温器具が必須になります!

 

保温器具にはケージの中からあたためる器具と、ケージの外からあたためる器具の2種類があります。
僕はガラス製のケージを使っているのですが、中からあたためるタイプの保温器具だけでは保温性が心配だったので両方とも使っています。

 

動物を飼ったことがないと、この温度調節をする手間がとても大変そうに感じてしまうかもしれません。
でも、使い方や商品の選び方によっては温度を26℃ぴったりに設定できる!という手間いらずで素晴らしいものがあるので、夜遅くまで家に帰れないというハードワーカーな方でも安心です◎

その温度設定において大活躍してくれるのがサーモスタットです。

 

 

【冬対策①】温度調節に必須!サーモスタット

 

保温器具を使う前に、何より欠かさず買っておいていただきたいのがこのサーモスタットです。

床暖房も暖突も大切ですが、これらをそのまま設置するだけと最高40℃も出てしまうのでかなり危険なのです。

なので、必ずサーモスタットとセットで使ってください!

 

 

【冬対策②】ケージの中からあたためる!

 

ケージの中からあたためる保温器具は『暖突』や『うさ暖』などがあります。
おそらくハリネズミ飼いの多くの方がこれを使っていると思われるくらいメジャーなものです!

ちなみに僕は暖突を使っています。

 

 

【冬対策③】ケージの外からあたためる!

 

そしてケージの外からあたためる保温器具としては『ピタリ適温プラス』というものがあります。

ケージの底の分厚い板を挟んでいるのであまり効果ないのかな?と不安だったのですが、思った以上にしっかりあたためてくれるので冬場は大活躍しています!

 

 

【夏対策】寝床を涼しくひんやり

そして夏眠対策グッズもあります。
例えばこれ。

 

 

『大理石製の寝床』といった感じです。

夏はただでさえ暑いので、これで寝たら「気持ちいい〜」っていう表情で寝てくれるかもしれませんね!

 

ゆうパケットOK はりねずみんみん共和国オリジナル ハリネズミ専用寝袋06 ジンベイザメ 夏用

価格:2,900円
(2018/7/27 04:24時点)

 

他にも、ひんやり素材を使用した寝袋もあるみたいです。
寝袋は何より見た目がめちゃくちゃかわいいのでこっちの方が買いたくなってしまうかも…!(カワイイ

 

あとは温度管理として最強なのがエアコンです。

夏場はエアコン以上に活躍してくれるアイテムはないっていうほどに無敵です。

 

そして最強なエアコン設定は、『ドライ』一択です!

 

ハリネズミは温度だけでなく湿度にも気をつけなければいけません。

ですが、ドライをつければ温度は26℃前後に保ってくれるし湿度も40%代に留まってくれます。
さらに「おでかけ」「入タイマー」「切タイマー」などが備わっているエアコンを持っている方は最強です。

 

ガラス製ケージやアクリル製ケージを使っている方でも通気穴がついていれば全然問題なしです!

 

 

最後に

 

スポンサーリンク

 

ハリネズミを飼育する上で、温度管理は何より欠かせない要素です。

最近の日本は、夏は毎年最高気温を叩き出すくらいの勢いで暑いし、冬は関東でも大雪が降るほど寒くなったりもするし、寒暖の差が本当に激しいですよね。

この気温差は人間だけでなくハリネズミにも大きく影響してしまうので、夏の暑さ対策にはエアコンを、冬の寒さ対策には床暖房もしくは暖突を使って季節を乗り越えましょう!

 

The following two tabs change content below.
ジェイ

ジェイ

理想のライフスタイルを築くため、日々模索しながら生活しています! ライフスタイル・ビジネス・ハリネズミなどのライフスタイル関連の情報を中心に書いていきます。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です