ハリネズミの値段(種類別)の違いと寿命まとめ

スポンサーリンク

 

InstagramやTwitterなど、SNSでよく見かけることからペットとしての人気がどんどん上がってきているハリネズミ。
あまりのかわいさに「ハリネズミを飼ってみたい!」と思う人も多いんじゃないでしょうか。
やっぱり飼う時に気になるのは、ハリネズミの値段や寿命ですよね。

そこで、今回はハリネズミの種類ごとの値段の違いや、ハリネズミは平気どれくらい生きるのか?という寿命についてご紹介します!

 

 

ハリネズミの値段は種類によって変わる!

 

ハリネズミの値段は種類によって変わる

 

ハリネズミを画像や動画などで見たことがある方の中には、白っぽい色だったり薄茶色っぽい色だったりと、けっこう色の違いがあるんだなと思った方も多いんじゃないでしょうか?

日本で販売が許可されているハリネズミは、ヨツユビハリネズミというアフリカに生息している分類のハリネズミのみなのですが、そのヨツユビハリネズミの中でも色の違いがけっこうたくさんあるんです。

 

値段については、細かい視点で言うと販売店が輸入販売しているのか、もしくは自分の店で繁殖させて売っているかによっても変わってはくるのですが、大きな値段の差はハリネズミの種類(カラー品種)によって変わるという点です。

そこで、まずは日本で売られているハリネズミの種類の違いと、それに伴う価格の違いをご紹介します!

 

 

ハリネズミの種類と値段の違いは?

 

ハリネズミの種類(カラー品種)ごとの呼び名っていうと、『ソルト&ペッパー』とか『シナモン』『アルビノ』あたりはよく耳にするかと思います。
でも細かく分類すると、なんと10種類以上にもわたって細かく分類されているんです!

全部紹介するとキリがないので、どこの専門店にでも売っているであろうと思われる代表的な種類と、その種類ごとの値段の違いをご紹介します。

 

 

1. ハリネズミの代表的な種類

① ソルト&ペッパー
② シナモン
③ シニコット
④ アルビノ
⑤ 各種類別のパイド

 

2. 品種ごとの説明と値段

① ソルト&ペッパー
日本で販売されているハリネズミの中で一番代表的なカラーであり、一番安いと言われています。
黒い鼻と黒い目、そして背中は黒もしくは濃い茶色であるのが特徴です。
ソルト&ペッパーのハリネズミの販売価格は15,000〜25,000円が多いようです。

② シナモン
こちらも日本で販売されているハリネズミの中では、ソルト&ペッパーの次くらいに多く売られている種類だと思います。
茶褐色の鼻と黒い目、そして背中は白もしくはベージュっぽい色であるのが特徴です。
シナモンのハリネズミの販売価格は20,000~30,000円が多いようです。

③ シニコット
シナモンと特徴がよく似ているハリネズミで、違いは鼻の色で見分けるとわかりやすいです。
ピンク色の鼻と黒い目、そして背中は白もしくはベージュっぽい色であるのが特徴です。
シニコットのハリネズミの販売価格は20,000~30,000円が多いようです。

④ アルビノ
アルビノも販売されているハリネズミの中で人気が高い品種の一つです。
ピンク色の鼻と赤い目、そして背中は白色であるのが特徴です。
アルビノのハリネズミの販売価格は20,000~40,000円が多いようです。

⑤ 各種類別のパイド
ペットショップやハリネズミ専門店などで売られているハリネズミの中には、例えば『ソルト&ペッパー(パイド)』や『シナモン(パイド)』など、『パイド』という名前が付け足されていることがあります。
パイドとは、直訳すると「まだら」もしくは「雑色」といった意味を指します。
どの種類のパイドなのかによっても値段が変わりますが、パイドハリネズミの販売価格は30,000円前後が多いようです。

 

 

ハリネズミの寿命は?

 

ハリネズミの寿命は?

 

ペットを飼う以上、やはり最後に直面するのは「死」という悲しみですよね。

もちろん、ハリネズミを飼育する時にもそのお別れの時が来ることを覚悟しておかなければなりません。
そこで、ハリネズミはどれくらい生きるものなのか?という寿命についてご紹介します。

 

ハリネズミの寿命について調べると、サイトごとに書かれている年数がかなりバラバラなので混乱してしまいます。
僕自身もハリネズミを飼う前に色々調べたのですが、あまりの誤差の大きさにどれくらい生きるのかサッパリわからなかったのです。

なので、特に信憑性が高いと思われるハリネズミの飼育本と、僕が購入した専門店で聞いた情報を元にハリネズミの平均寿命をお伝えします。

 

ハリネズミの寿命は、平均3〜7年と言われています。

 

なかには「ハリネズミは10年生きる」という情報が書かれていることもありますが、これは本当にレアなケースでペットとして10年生きたという例はほぼゼロに近いらしいです。
人間で例えるならば100歳以上っていうイメージなのかもしれませんね。

 

 

ハリネズミを少しでも長く飼うためのポイントは?

 

ハリネズミを少しでも長く飼うためのポイントは?

 

ハリネズミの平均寿命が3〜7年くらいということがわかりましたが、最悪2年くらいで死んでしまうこともあり得ますし、逆に7年以上生きるということもあるかもしれません。

やっぱり飼う以上は、少しでも長く生きて欲しいって思いますよね!

 

ハリネズミに少し長くでも生きてもらうためには、飼育環境が大きなポイントとなります。

 

・ハリネズミにストレスを与えないような環境が整っているか?
・栄養バランスのとれたエサを与えているか?
・異変があった時にすぐに病院に連れて行けるか?

 

こういった点が特に大切です。

 

ハリネズミはとてもかわいらしいのでついついたくさん触れ合ったり長い時間遊びたいって思ってしまいますが、ハリネズミはストレスに弱く、環境の変化にとても敏感な動物です。
なので、飼育環境が悪かったり嫌がっているのに無理にスキンシップを取り続けてしまうと早死にしてしまう可能性が高くなります。

ハリネズミを飼う前に、飼育本や専門店のスタッフさんなどから理想的な飼育環境について勉強しておくと良いかと思われます◎

 

 

最後に

 

スポンサーリンク

 

いかがでしたか?
ハリネズミは、種類によって値段が変わることや、飼育環境によって寿命が変わるということが分かったかと思います。

僕自身ハリネズミを飼ってまだ間もないですが、飼い始めの段階から早くも飼育環境の大切さを実感しました。
(その様子は、 以下の記事をはじめとしてカテゴリー『ココル成長日記』で細かく見れます。)

 

いつか来るお別れの時も覚悟しなければなりませんが、それ以上にハリネズミとの生活はきっとあなたの心に癒しをくれるはずです!

 

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
ジェイ

ジェイ

理想のライフスタイルを築くため、日々模索しながら生活しています! ライフスタイル・ビジネス・ハリネズミなどのライフスタイル関連の情報を中心に書いていきます。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です