ハリネズミのペット保険には入るべき?値段の違いやおすすめ度を比較してみた

スポンサーリンク

 

ペット用小動物の中ではちょっと珍しいハリネズミ。

最近は人気度がだいぶ上がってきたため、ハリネズミ専門店や直接触れ合いができるハリネズミカフェなどもできましたよね!

他にもハリネズミのフードやグッズを取り扱った専門店などもでてきているのですが、なんとハリネズミ用の健康保険もあるということをご存知でしたか?

ハリネズミを飼おうと思っている方にとっては、病院や診察・治療のことだけでなく保険関連のことも事前に知っておく必要ありです。

今回は、ハリネズミのペット保険には入るべきなのか?という疑問の解消法から、ハリネズミが入れるペット保険の会社紹介、そして会社ごとの値段の違いやおすすめ度などを比較してみます!

 

 

そもそも『ペット保険』とはどんなものなのか?

 

そもそも『ペット保険』とはどんなものなのか?

 

人が病気やケガをすると病院に行くというのと同じように、ペットにも病気や怪我をする恐れがありますよね。
そういったときは動物病院に行く必要がありますが、実はペットにも健康保険証があるのです。
これは僕も初めて知りました。

 

ペット用の保険に加入しておくと、何か病気や怪我をしたときに診察料や治療費、手術費などを補償してもらえます。

 

今までペットを飼ったことが一度もなかったので最初は知らなかったのですが、実はペットの病院代ってけっこう高いんです。

また、長期的な病気にかかってしまった場合には診察・治療のたびに費用がかかってしまうのでトータル的に考えるとかなりな出費になってしまった…ということも十分あり得ます。

そんな時でも治療費の一部を保険会社から支払ってもらえるのがペット保険です。

 

 

ハリネズミの健康保険には入るべき?

 

ハリネズミの健康保険には入るべき?

 

ハリネズミは主に皮膚病や歯周病、腫瘍もできやすいと言われている動物です。

病院に連れて行く必要性は個体差や飼育環境によって変わってきますが、年齢が上がってくると病院に連れて行く機会は増えて行くことになるかと思います。

 

ハリネズミ用のペット保険に入るべきか入らないべきかに関しては、僕も飼うのが初めてなのではっきりとは答えられません。

ただし、入っておいた方が通院費用や入院費用・手術費用などが安くなるし、何より安心材料になるので加入をおすすめします!

ちなみに僕は、ハリネズミを飼うのは初めてで色々分からないことが多かったため、「何かあった時でも安心」という点を優先して保険加入をしました。

 

 

ハリネズミが入れる保険は現在2社

 

現時点では、ハリネズミが加入できるペット保険会社は

① アニコム損害保険
② 日本アニマル倶楽部(プリズムコール)

の2社です。

 

 

ハリネズミが入れる保険の種類

 

アニコム損害保険も日本アニマル倶楽部も、ハリネズミだけでなく犬や猫を対象にしたプランや、鳥類・爬虫類などを対象にしたプランなど様々な種類があるので、パッと見だとハリネズミを対象としている保険は一体どれに当たるのかわけがわからなくなってしまうかと思います。

ということで、ハリネズミが対象となっている保険の種類をご紹介します。

 

上記でご紹介した2社の中でハリネズミが加入できる種類は、

① アニコム損害保険は『どうぶつ健保はっぴぃ』
② 日本アニマル倶楽部(プリズムコール)は『うさぎ等小動物プラン』

になります!

 

さて、ハリネズミが加入できる保険会社2社と対象となるプランが分かったところで、それぞれのプラン内容を細かく見ていきましょう。

 

 

ハリネズミが入れる保険2社のプランを比較

 

① アニコム損害保険『どうぶつ健保はっぴぃ』のプラン(2種類)と特徴

 

1. はっぴぃ70%プラン
2. はっぴぃ50%プラン

 

保障内容 はっぴぃ70%プラン はっぴぃ50%プラン
入院保険金 1日あたり最高14,000円まで / 年間20日まで 1日あたり最高10,000円まで / 年間20日まで
通院保険金 1日あたり最高14,000円まで / 年間20日まで 1日あたり最高10,000円まで / 年間20日まで
手術保険金 1回あたり最高140,000円まで / 年間2回まで 1回あたり最高100,000円まで / 年間2回まで
保険料 月払い:3,180円 / 年払い:34,680円 月払い:2,310円 / 年払い:25,200円

 

<特徴・注意点と加入条件>

【特徴】
・各プランの保険料はハリネズミの年齢が上がっても変わらない。さらに、2年目以降の契約継続時、保険の利用状況によって保険料支払額が割引に
・ペット保険に対応していない病院でも、保険金請求をすれば各プランに合わせた保険料が支払われる
・保障開始は引き取り時から
・対応病院なら自己負担額のみの支払いが可能

【加入条件】
・0歳~1歳11ヶ月まで
・加入時に健康である(治療中・通院中ではない)こと

 

 

② 日本アニマル倶楽部『うさぎ等小動物プラン』のプラン(4種類)と特徴

 

1. グリーンプランⅡ
2. オレンジプランⅡ
3. ブループランⅡ
4. ホワイトプランⅡ

 

保障内容 グリーンプランⅡ オレンジプランⅡ ブループランⅡ ホワイトプランⅡ
入院保険金 1日あたり最高10,000円まで / 年間60日まで 1日あたり最高8,000円まで / 年間30日まで 1日あたり最高5,000円まで / 年間20日まで 1日あたり最高10,000円まで / 年間30日まで
通院保険金 1日あたり最高5,000円まで / 年間60日まで 1日あたり最高4,000円まで / 年間30日まで 1日あたり最高3,000円まで / 年間20日まで 保障されません
手術保険金 1回あたり最高90,000円まで / 年間2回まで 1回あたり最高60,000円まで / 年間2回まで 保障されません 1回あたり最高150,000円まで / 年間2回まで
診断書費用保険金 年間10,000円まで 年間10,000円まで 保障されません 年間10,000円まで
最高保障限度額 109万円 49万円 16万円 61万円
保険料 月払い:4,230円 / 年払い:46,560円 月払い:3,670円 / 年払い:40,400円 月払い:2,270円 / 年払い:24,940円 月払い:1,910円 / 年払い:21,080円

 

<特徴・注意点と加入条件>

【特徴】
・補償割合100%
・各プランの保険料はハリネズミの年齢が上がっても変わらない
・ペット保険に対応していない病院でも、保険金請求をすれば各プランに合わせた保険料が支払われる
・保障開始は待機期間の15日が経ってから(=14日までに病気やケガをしてしまった場合は保障されない)
・対応病院でも一旦は全額立て替えなければならない(後ほど保険金請求をしてから保険金が支払われる)

【加入条件】
・生後30日~満4歳未満まで
・加入時に健康である(治療中・通院中ではない)こと

 

 

アニコム損害保険と日本アニマル倶楽部の支払額の違いを比較!

 

表にしても実例がないとイマイチよく分からない…という方のために、例を挙げつつ2社の補償金・自己負担額の違いを比較してみました。

 

例)
A君はアニコム損害保険のはっぴぃ70%プランに入っています。
B君は日本アニマル倶楽部のグリーンプランⅡに入っています。

 

例えば、ハリネズミの1回の通院費用が15,000円かかったとしましょう。

 

A君のプランは、費用の70%を支払ってもらえること、そして1日あたり14,000円までなら負担してもらえるので、算出方法は
15,000円×70%=10,500円
通院費用15,000円から補償金10,500円を引くと、
15,000円-10,500円=4,500円

つまり、A君の自己負担額は4,500円ということになります。

 

一方B君のプランは、費用の100%を支払ってもらえること、そして1日あたり10,000円までなら負担してもらえるので、算出方法は
15,000円-10,0000円=5,000円

つまり、B君の自己負担額は5,000円ということになります。

 

 

おすすめなのはどっち?

 

スポンサーリンク

 

2社の特徴を色々と挙げてきましたが、結局どちらがおすすめか?というと、保障内容が異なるのでどちらがいいとは一概に言えないというのが正直なところです。

ただし、日本アニマル倶楽部のホワイトプランⅡとブループランⅡは通品保険金が保障されなかったり、手術保険金や診断書費用保険金が保障されないなどがあるため、日本アニマル倶楽部に加入するならオレンジプランⅡもしくはグリーンプランⅡに加入する方がおすすめかなと思います。

 

ちなみに僕は、アニコム損害保険の『はっぴぃ50%プラン』に加入しました。

なぜアニコムの方にしたかという理由は、僕の買った専門店で加入受付を行なっているのがアニコム損害保険だったからです。
そしてプランはなぜ50%の方にしたかというと、これは正直に言うと「感覚」です(笑)。

もちろんハリネズミに起こり得る病気などは事前に調べはしましたが、やはり個体差によって治療の頻度なども変わることや、何よりハリネズミを飼うのが初めてなのでどれくらい頻繁に通わせる必要があるか分からなかったので、とりあえず50%の方に入っておこう…という感じでした。

当然50%プランよりも70%プランの方が診察や治療した時の補償は多いですが、その分月々の保険料支払額は増えます。

 

なので最後にまとめですが、どちらの会社のどのプランに入るかという最終決断のカギは、飼い主様の金銭事情やどっちの方が安心感を得られるかなどを基準に決めるのが最善かと思います。

 

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
ジェイ

ジェイ

理想のライフスタイルを築くため、日々模索しながら生活しています! ライフスタイル・ビジネス・ハリネズミなどのライフスタイル関連の情報を中心に書いていきます。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です